iPhoneを岐阜で修理する3つの方法を比較してみました。

iPhoneが故障してしまった場合、3つの方法が頭に浮かびます。

その3つとは、

  1. iPhoneを修理する
  2. 本体交換する
  3. 機種変更をする

上記の3つです。このうち、最初のiPhoneを修理するのみがデータそのままで修理できますが、どの方法が1番良いのかは故障者さんの状況によりますね。

本体交換と機種変更は故障した携帯を直さず、全く新しい携帯に変えてしまうので、ピカピカの携帯が帰ってきますがデータのバックアップを復元したりと手間がかかります。

ここでは3つの方法の比較をして、あなたにどの方法が1番いいのか判断する材料を提供したい。

参考にして、スムーズにiPhoneを元どおりにしましょう!

iPhoneを直す3つの方法を比較しました

ではまず壊れたiPhoneを修理する方法からです。

1:iPhoneを修理して直す方法について

もしあなたがiPhoneを修理して直す場合、正規店と非正規店のどちらかで修理する選択肢がある。

正規店とはアップルの公式修理サービスを提供する店舗のこと。

反対に非正規店とは、非正規のサービス、つまりアップルと全く関係がない事業者が運営する店舗のことだ。

非正規と正規店の違い

非正規の修理店舗ではどこの店でも間違いなく、「故障」したiPhoneを「部品交換」して直している。だから壊れたところのみ直すので、データはそのまま。

一方、appleでは修理の過程でデータを消去するとしているのと、基本的に修理はせず本体交換交換になるケースも多いらしいのです。

データそのままで修理したいなら非正規をおすすめしますが、非正規店は店舗選びをしっかりしないとトラブルに巻き込まれる場合もあるため注意して下さい。

2:iPhoneを本体交換する

本体交換して正常なiPhone

これはiPhoneの故障具合が深刻な場合に最適だ。

というのも、修理では直せないようなハードやソフトのトラブルでも、新しい携帯に変えてもらうことで、再びiPhoneを使えるようにできる。

本体交換はアップルストア、もしくはアップルの正規サービスプロバイダーでのみ受けられる。

3:機種変更する

これはアップルストアでも新しいiPhoneを買うことができるが、ソフトバンクやドコモ、auなどで最新のiPhoneに変えることをおすすめする。というのも、iPhoneはすごく値段が高い。。

だから月々の料金を払う代わりに端末代金を割り引いてくれる2年縛りの契約をすれば、高いiPhoneの費用を一括で払わなくても済む。

ただ月々の高い料金を払わなくてはいけないのは同じなので、その辺りは判断が必要だ。

まとめ

修理店で直せないような深刻な故障の場合は、本体交換や機種変更がおすすめ。軽度な故障は保険の加入状況なども加味して選んで下さい!